2004.03.09

ブラック綿棒

最近の綿棒は軸が柔なのがイマイチ。ちょっと興味を惹く綿棒。

ライフ ブラック綿棒

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.24

夢分析の部屋

これを見てたら眠れなくなってきた~

夢分析の部屋

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.02.11

アルコール消費能力計算

飲みすぎのあなたに!Weblogで飲むのが減りました。笑

あなたのアルコール消費能力を計算

| | Comments (6) | TrackBack (0)

2004.02.08

情報倫理を学びました。

 最近、小学生のWeblogがいくつか出来てきました。賛否両論はあるかもしれませんがWeblogを通じて広い世界、世間を知り知見を高めることができ大変素晴らしいことだと思います。
 彼らにとってパソコンという道具を操作することは朝飯前であり、その道具をどのように正しく使うかが大切なことです。そのために親や先生はどのように躾けるかを考える必要が生じてきました。
 私の子供に「パソコンのことは学校でどう習ってるのか?」と尋ねたところ一冊の教科書(副読本)を渡されました。実教出版インターネット社会を生きるための情報倫理というものです。
 目次を見ていただくと大体の内容が分かりますが個人情報、情報社会における生活、メールやWebのマナーそして情報セキュリティとネット被害について大人でも読んでおいた方がいいことが書いてあります。
 興味深かったのは「健康面への影響」と題し「身体への影響」として視力低下、肩こり、腰痛の原因になるので正しい姿勢で使うことや「心への影響」としてコンピュータやネットへ不安を抱いたり、人とのコミュニケーションが面倒になり引きこもってしまうことが述べられています。
 特に我々大人でも耳が痛かったのが「はまってしまいネット中毒にならないように」とか「利用時間を自分で制限するなどの自己コントロールが重要です。」との指摘です。私は子供とパソコンを共有しているので、私があまり占有していると子供には、はまっていると思われているのかもしれません。
 私はネットのマナーやエチケット云々といった話は大切ではありますが、あまり好きではありません。しかし子供たちはこのような教育と知識をもってネットの中に進出してきているは事実です。当たり前のことですがネットの世界でも子供たちに恥じないように振舞わなくてはならないと再認識しました。

「情報倫理」のはしがきより
情報倫理は、まだなじみのない用語かもしれません。わたしたちは、情報倫理を「インターネット社会(あるいは情報社会)において、生活者がネットワークを利用して、たがいに快適な生活を送るための規範や規律」と考えています。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

2004.02.07

健康が一番!

食中毒なんかに負けずに食べまくるぞっ!でもこのメニューを見ると...
知ろう!防ごう!食中毒

Weblogのしすぎで疲れた目の回復に...リンクで表示されるサイトにドキッとします。
いたわりEYE

これはほのぼのします。あ~お腹が空いてきた~
一緒に食べる人別レシピ

| | Comments (10) | TrackBack (0)

痔の予防

痔の予防

9アルコール、刺激物は控えめにしましょう
アルコールには末梢の血流をよくするため、痔核からの出血を助長します。胡椒や辛子などの刺激物は、便に混じって出てくるので、痔の疼痛腫脹の原因となります。
辛いもの好きの僕は気をつけねば。「Weblogは控えめにしましょう。」とは書いてませんでしたが、Weblogのしすぎで長時間、同じ姿勢を続けたり、お風呂に入るのも忘れてしまうようだと気をつけないといけないようです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.01.20

動体視力チェック

Weblogのしすぎで動体視力が低下してませんか?

動体視力チェック

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2003.12.30

身も心もボロボロのあなたへ...

年末、友達に誘われて指圧に行ってきました。一時間ゆったりとした時間が過ぎ、終わったらすっきり。毎日やったら気持ちいいだろうな。終わったあとはもう何にもしないで帰って、そのままぐっすり眠ってしまいたい気分。でも、結局飲みに行ってしまいました。

青山・渋谷・原宿・麻布十番 指圧ROOM

| | Comments (1) | TrackBack (0)