« Googleの検索窓がついた! | Main | ココログの登録数は17,000弱! »

2004.02.15

Weblogサービスのビジネスモデル?

ココログでWeblogを始め、さっきアクセスカウンターを見たら20,000を超えていた。最初、カウンターをつけた時、何桁にするか迷ったのを思い出す。内心びっくりしている。
最初はWeblogというものをココログしか知らなかったが、他にも随分たくさんのサービスがある。無料で利用できるものが殆どである。
無料Weblogサービスのビジネスモデルはどうなっているのだろう。ニフティのようなISPは会員獲得、維持も一つの狙いだろうが、もともと無料のサイトが運営するものは何を狙いにしているのだろうか。当然Blogの数が増えてくればトップページのバナー広告の出稿料もあがるだろうが、それでも採算は合うのか疑問である。
そうなると現在無料のサービスでも、ある程度サイト数が増えてきた時点で有償になるに違いない。その辺りは利用規約の料金に関する項目を見ればある程度推測できる。
有償化したとして例えば10,000サイトの有償会員に月額250円を課金して2,500,000円/月の収入。サービスのための資源やサポート要員を考えるとあまりいい商売とは思えない。
ユーザーとしては気にせずに使えればいいのだが、どのようなビジネスモデルなのか興味が湧いていた。

|

« Googleの検索窓がついた! | Main | ココログの登録数は17,000弱! »

Comments

Have a nice day. From http://www.genstkobr.com

Posted by: beilebype | 2009.05.16 at 09:10 AM

Posted by: unulgerce | 2009.10.03 at 09:09 AM

Yes, I with you definitely agree

Posted by: paintgun5 | 2011.08.12 at 01:12 AM

Quite right! So.

Posted by: EageneSax | 2011.09.10 at 09:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2665/200440

Listed below are links to weblogs that reference Weblogサービスのビジネスモデル?:

« Googleの検索窓がついた! | Main | ココログの登録数は17,000弱! »